• 喜神サービス 企画広報

「来て、見て、触れて“体感”するリフォームフェア」inクリナップ沖縄ショールーム

今回はイベントのご案内です。


去年開催したクリナップ沖縄ショールーム様との提携イベントが大盛況でしたので☆

またまた合同イベントを開催いたします (#^^#)




詳細

【来て、見て、触れて“体感”するリフォームフェア】

日付:7月23日(土)・24日(日)の2日間

時間:10時から17時

会場:クリナップ沖縄ショールーム(南風原町新川285)

※ご来場頂いたお客様へ様々なプレゼントをご用意!


前回のイベントブログでご紹介した際には、ステンレスキッチンについてご紹介しましたが、今回はそのキッチンの最高峰「CENTRO(セントロ)」をご紹介いたします。




CENTROの見た目は、キューブデザインがコンセプトですので、とてもスタイリッシュでシャープなデザイン。

「かっこいい」という言葉が似合うキッチンです。(#^^#)


クリナップキッチンにはRAKUERA(ラクエラ)・STEDIA(ステディア)・CENTRO(セントロ)があり、RAKUERAのキャビネットが木と金属の組み合わせに対し、STEDIAとCENTROはステンレスになります。

以前にもご紹介しましたが、ステンレスは汚れやカビ・匂いが付きにくく、頑丈で水や熱にも強いため、サビにくい特徴があります。

では、お互いにステンレスキャビネットを使用しているSTEDIAとCENTROの違いはどこにあるのか、気になりますよね。


まずは収納容量に違いがあります。

同じ幅・奥行の引き出しですがどうしてだと思いますか?


それは「角」の形状の違いなのです。

CENTROの引出しは底に対して側面が直角ですが、STEDIAは少しカーブがついています。

この少しの違いだけで収納量に差が出るのです。


保存食や調味料なども種類が豊富ですので、たくさん収納できるのは助かります。(*‘ω‘ *)


内引出しにも違いがあり、CENTROには「ツールボックス」という内引出しがついていますので、これによりさらに収納力がアップしています。



またシンクキャビネットでツールボックスつきタイプにすると「シャローパレット」という引出しまでついてきて、深さ5センチ弱ですが、まな板や厚みのない器具の収納に便利です。

天板上はすっきりとさせて、引出しをあければしっかりと物が収まるので整理整頓も楽に出来そうです。ヽ(^。^)ノ

※赤枠が「シャローパレット」、青枠が「ツールボックス」です。




ところで皆さん、「水返し」ってご存知でしょうか。



キッチンで洗い物をしている時や、調理の際などに水が床に垂れないようにワークトップの縁が少し反っている所の事をいいます。

STEDIAのワークトップには、「水返し」がありますが、CENTROはそのシャープさを出すために水返しも無くしています。

その代わりとしてワークトップとキッチン本体の間に、STEDIAにはない別の部品を組み込むことで、ワークトップからこぼれた水が引出し内に侵入しにくい効果を生んでいます。


またCENTROは「蹴込み」や「引出し内部」まで黒に統一されたこだわりがあり、ギュッと引き締まった見た目と高級感を演出しています。

※「蹴込み(けこみ)」=キッチンと床が接着する部分の事。


一方のSTEDIAは蹴込みの色をシルバー、引出し内部の色を白としていてやわらかい印象にしています。

形だけでなく色も含め、ほんのわずかな違いで、空間イメージが変わります。


そしてCENTROではガスコンロとIH調理器の両方を使える高性能なハイブリッドコンロを選ぶことができます。

料理によってはガスの火力を活かせる物と、温度調節が得意なIHの特性を活かせる物がありますので、その時のメニューによって使い分けが出来ます。(#^^#)



その他にもCENTROでしか選択できないセラミックの調理カウンターやキャビネット扉カラーがあります。

まだまだ伝えきれていないところがありますので、ぜひ、クリナップショウルームに「来て、見て、触れて、体験」していただきたいです。


来る7月23日(土)、24日(日)は、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。



【来て、見て、触れて“体感”するリフォームフェア】

日付:7月23日(土)・24日(日)の2日間

時間:10時から17時

会場:クリナップ沖縄ショールーム(南風原町新川285)


お問い合わせ連絡先

喜神サービス那覇ショウルーム

(098) 833-9420




閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示